kazoku

「一社一家族」という言葉があったような、なかったような。@小岩のたまさん

家のトイレが暗くても何とも思わないのに、
修学旅行で泊まったホテルのトイレってなんであんなにソワソワするのでしょうか。

職場に泊まりだすと、2日が1日に。3日が1日に。
だんだんと日程の感覚がズレてきます。

思えば2年前は3ヶ月家に帰らない事もあったので、
久々に家に帰るとガスが止まっていたり、
水道屋さんが心配して「本当に住んでますか?」の手紙が入っていたり、そんな毎日に帰りつつあります。

忙しい毎日、ありがとうございます。 たまです。

 

「帝王学」という言葉がありますが、

正確には学問では無いようですね。

  1. 原理原則を教えてくれる師を持つこと
  2. 直言してくれる友人を持つこと。
  3. 諫言してくれる部下を持つこと。

http://www.aob.sakura.ne.jp/junks/teiougaku.html

検索するとこういうページが出て来ますが、

自分が素直になれないと師は師で無くなるし、
客観的視点を無視すると友人は離れていく。
更に部下を信じることが出来なければ、部下は部下で無くなっていきます。

images

最近面接を行わせていただくようになり、本当に様々な女性とお話をする機会が増えました。

他人が信じられなくなったり、
誰かと揉めたり、
例えば仕事が嫌になったり、
誰かに傷つけられたり。

一般の男子スタッフには言えない内容も、
キャスト経験があると共感できたり、
一緒に悩んだり、一緒に解決したり、
新しい道を勧められたり。

おそらく他のグループ・店舗では経験できないであろう事も
お話することもあります。

厳しい言葉を掛けることもあります。
褒めることも多々あります。

結果的に、採用・不採用に関わらず皆様が
「ありがとうございます」
といって席を離れていきます。

ワタクシとしては自分の知る限りの方法でその方々の未来を提案させて頂いておりますので、やはりそんな時は思わず
「こちらこそ、ありがとうございます。」
とその出会いに感謝してしまいます。

kazoku

さて、本日も面接の予定を頂いておりますので
お会い出来るのを楽しみにしながら今、書いております。

アーネスト・ヘミングウェイは書きました。

『世界は美しい。戦う価値がある』

昨日の自分と今日の自分、それから明日の自分へと道は続いていきますが、その中の毎日の発見が生きる楽しみになるものです。

 

皆様の人生に、幸ありますように。

wrote by Tama…

tama