poko

【コーヒーと、1冊の本を貴方に。】愛は真心、恋は下心・・・(*゚ー゚*)@小岩のたまさん

「ヤフオク!ロレックス他」

「ヤレックス!」というどこかの出会い系に見えた私は
もう末期かもしれない。

たまです。

 

book

昨日新入荷してきた4冊。

噂のドナルド・トランプ氏。

 

work

今日の言葉は、この右側の部分。

”もし、仕事と遊びのバランスを取っているなら、それをやめることだ。
そうしたら、仕事がもっと(遊びのように)楽しくなる。”

ワタクシたまは、遊びというか趣味というか、その振り分けが上手く出来ません。

テニスで振り返ってみると”遊び”というのは、

「年、もしくは月に1回位暇な時にボールを誰かと打ち合えればOK」

などというところでしょうか。

でも私は試合で勝たないと詰まらないと思っているし、

コートに2000円払って、その上打ち合って筋肉痛になるくらいなら
その2000円で温泉行っちゃうよね(笑)

とか思っちゃうわけです。

まぁでもスポッチャにいけばいろんなスポーツ道具があるし、

フットサルとかうんぬんを友達と、、、

 

友達と、、、

 

poko

あれ?

 

一緒に行く友達がいない。

 

ハイネケン氏は言いました。

「裕福には二通りある。大金持ちになるか、たくさんの友人を持つか。両方はありえない」

なるほど。

 

何かにおいて”勝利”だけを追い続けていた結果が、
今なのかもしれないと振り返ることがあります。

 

そこにくると、「テニス仲間」なら沢山いるけれど、
「友人」とはちょっと違う気もするし。
テニスを仕事にする時の区別って難しいのです。

 

きっとハイネケン氏も
【業界仲間】は沢山いたんだろうけど
【友人】とはちょっと違う感覚だったんでしょうね。

wrote by “Tama-chin”